大西豊
 大西豊
自己紹介 まんのう町の所在地 一般質問 メールを送る
大西豊

大西豊


一般質問


 

平成25年 6月 6日  提出          時    分   受領 

一  般  質  問  通  告  書

件 名

1.PFI事業について

答弁を求める者

 

要 旨

大成建設グループは、満濃中学校等の建設を総額約81億5千万円で受注し、その内約35億円で箱物等を建設。25年間大規模改修も含む維持管理、運営している施設。それに対するまんのう町独自のモニタリングが機能し、要求水準書の通り行われているのか。

町長

件 名 

2.満濃中学校複合施設の町のモニタリングについて

答弁を求める者

 

要 旨

  1. 満濃中学校等の複合施設のPFI事業に於いて。

対策室が対応しているが、大成建設グループのプレゼン等を含む要求水準について適正に行われているかについて町独自のモニタリングを行い検証しているのか。

  1. 4月に体育館が町へ引き渡された後、3回壁が破損したが原因究明されたのか。

教育長

件 名

 

答弁を求める者

 

要 旨

 

 

 

平成23年大成建設の議会等のプレゼンでは、地域経済への配慮について
「まんでがんプロジェクト」を支える地域経済を活性化させる為に、3つのポイントを重視して事業に取り組みます。

  1. 地元企業の積極的な活用による経済活動の循環
  2. 地元企業の人材育成とノウハウの提供
  3. 地域交流の促進による地域活性化

初期投資段階における地域経済への配慮
⇒建設段階では、まんのう町建設協同組合と連携するなど、地元企業・地域の素材・地元人材の活用を重視して業務を遂行します。
・まんのう町建設業協同組合等に説明会・見積依頼
・業者選定時に、町内業者への再下請の可否、町内雇用者数字の確認
・町産木材の地元調達(香川西部森林組合、仲南森林組合)
・現場作業所事務職員は町内採用
・消耗品・弁当等も町内より購入
・作業者全員に「かりんカード」携行の義務化
など

管理段階における地域経済への配慮
⇒維持管理・運営段階では、地元人材のスタッフへの採用、地元企業の活用を引き続き重視するとともに地元の志ある人材・団体を活用・サポートしながら町全体の活性化を目指します。

・浄化槽設備点検業務を町内業者へ発注
・清掃員3名を町内人材から採用
・施設の衛生消耗品は町内業者を検討
・グランド整備は町内業者へ発注
・情報システム現地保守を町内業者へ発注
・地域開放受付スタッフ3名を町内人材から採用
・施設スタッフ「かりんカード」携行の義務化
・まんのうポイントとの携行による「かりんカード」の普及・促進
など具体的な提案に基づき、大成建設グループが総額85億、箱物等は、35億受注、施工しているが、要求水準、及び法令遵守、低触が見受けられるので、
町当局は、企業側に傾く事無く、個別外部監査報告書に基づいて、精査をし大成建設グループに、減額させるべきである。

 

 

 

 

 

例えば

  1. 平成24年7月6日の満濃中学校の特別委員会で指摘した残土処理について、緑ナンバー(営業)を使わず、事業を行った事で、減額すべきと考える。
  2. 外部監査が指摘している、要求水準書によれば、電子私書箱システムは、初期の利用登録はPFI事業者の大成建設が行う様に指摘しているが、実行していないので有れば、約3000万円減額すべきと考える。
  3. 外部監査が指摘しているPFI事業者が第三者への委託する時、事業契約書5条記載の事業承諾、又は、事業通知は、なされていない状態で有るので、早い段階で協議し、SPCは、モニタリングを行っていたのか?確認しなければならないが、確認し、減額されるのか?
  4. 議会が、町内企業の育成、雇用確保の為、要求水準として上げた4億円の直接発注の内、約2億円用の土木関係2社の受注分について、議会関係者の会社、及び、建設業協会の役員の2社が受注し、更に、県外業者等、再下請業者に任せている様であり、その上、2社とも現場作業主人者、同じ会社の役員に、丸投げで有るが、大成建設は、工事が適正状態で町内企業に発注される様に「下請モニタリングします」と有るが、現状をどの様に認識しているのか。

 

 

 

 

 

 

 

再々質問
 町長は、これまでPFI事業について、全責任を負うと発言していたが、最後の質問を行います。
 PFI事業は、県においても、既に見直しを行い、今、取り組んでいる事業以外は、問題点が多いので、取り組んでいないようであります。
 議会が、これまで、議会の要求水準として、町内業者発注分4億円、町内の雇用の確保、地元企業の人材の育成とノウハウの提供により、地域の発展の為に要求水準を求め、事業を行っているが、町長は、第一期工事を終了を目前にして、どの様に考えているのか?

 



大西豊
戻る