大西豊
 大西豊
自己紹介 まんのう町の所在地 一般質問 メールを送る
大西豊

大西豊


一般質問


高齢化社会における農業
問い
集落営農の経営発展にむけて
答え
町としても、TPP対策、高齢化対策としてとりくむ

 

大西
まんのう町の基幹産業は農業であります、農業の振興が本町の重要課題、政府は、TPP農業対策として国産農産物の強化よる、食料の安定供給、需給率向上、農家の減収を保填する保険制度の検討及び、農林水産省が進めている「集落営農」は「集落」を単位として農業生産過程における一部又は全部の共同化・統一化による営農を目指し、一般的に、団地的土地利用や機械の共同利用等による農業生産のみならず、農村生活での共同活動も含め、一ないし複数集落を基盤に農業生産力の一層の向上を期待し、兼業農家や高齢農家を協力のもとに行う営農です。集落営農は様々なメリツト、(1)経営の効率化が図られ,機械の整備には国の支援があります・(2)農業、農村の維持、発展が図れます(3)米の所得補償交付金には集落営農加入が有利です。(4)法人化より継続的な運営が可能となります
まんのう町は今後集落営農を、どの様に関わり、推進発展するのか
町長
まんのう町の基幹産業は、農業であり集落営農について、町としても、TPP対策、あるいは高齢者対策として、積極的にとりくみます。




大西豊
戻る