大西豊
 大西豊
自己紹介 まんのう町の所在地 一般質問 メールを送る
大西豊

大西豊


一般質問


進めよう行財政改革・情報公開 既存施設の有効利用

これ以上借金をして、子や孫に負担させますか。

それとも 我慢できるものは我慢して行財政改革に努めますか。

香川県下の財政力指数と地方債現在高

財政力と地方債

町運営の基本であるまんのう町財政力は、県下8市9町のなかで、3番目に弱い状況です。

平成20年度財政力指数算定表

1 坂出市 0.893
2 宇多津町 0.888
3 高松市 0.853
4 丸亀市 0.724
5 観音寺市 0.716
県平均 0.710
6 多度津町 0.692 
7 綾川町 0.604
8 三木町 0.588
9 善通寺市 0.564
10 東かがわ市 0.564
11 三豊市 0.562
12 琴平町 0.542
13 直島町 0.485
14 さぬき市 0.480
15 まんのう町 0.422
16 土庄町 0.412
17 小豆島町 0.397

財政力指数:
1に近づくほど財政力が強い

 

平成20年度地方債現在高
平成20年度人口1人当たり (千円)

1 綾川町 181
2 三木町 234
3 宇多津町 238
4 丸亀市 277
5 善通寺市 292
6 高松市 353
7 坂出市 370
8 東かがわ市 381
県平均 385
9 三豊市 388
10 多度津町 402
11 小豆島町 409
12 土庄町 425
13 琴平町 450
14 観音寺市 456
15 まんのう町 498
16 さぬき市 526
17 直島町 680

一般会計のみ 県自治振興課
人口は平成20年3月31日住民基本台帳

まんのう町の
税収は十八億五千万円、
事業費は約百四十四億円、
借金は約百五十億五千万円です。
今後も、交付税の削減が予想されるなか、用心深い財政運営が重要となります。

 

課題と取組

◇事業外部評価制度を導入し、徹底した行財政改革を行い、民でできることは民で行い、職員数の適正化に努めましょう                 
・アウトソーシング等の導入の推進。
・職員数は、県平均で人口一万人当たり一〇二.五人に対し、まんのう町は一二二.一人であり、効率的な行政運営を行い、国平均・県平均まで職員数を削減すべきであるので、引き続き提言していく。(平成二一年四月一日現在、まんのう町職員数二四一人パート臨時職員数一二七人合計三六八人)
・一二九台の町公用車を見直し、減車を行い効率的に運用する。

◇既存施設すべてを検証し、           
無駄のない施設の有効利用を促進しましょう                
・まんのう町の公の施設の管理は、条例では公募によるとなっているが、非公募を採用しており、公募制を採用すべきである。

◇まんのう町長の報酬は、            
丸亀市長より高いので適正にしましょう                    
・まんのう町の借金は、全体で、約一五一億円(一人当たり七三、九万円)であり人件費の削減(まずは、特別職及び議員報酬のカット)が急務である。

◇健全な行政運営を行い、情報公開に努め、密室政治を打破し透明で公平な町づくりを推進しよう                     
・町長の諮問委員会の議事録などホームページで情報公開するように、引き続き一般質問で提言していく。
・各種審議委員は公募するよう要求していく。

 

今後も《効率の良い町政運営を行うこと、人件費の抑制、事務事業の再編・整理、廃止・統合し、課を減らすと共に職員教育にも力を入れ、質の向上を図ることが改革の近道であること》を念頭におき、これまで以上に頑張って参りますので、皆様のお力添えをよろしくお願い申し上げます。

 



大西豊
戻る