大西豊
 大西豊
自己紹介 まんのう町の所在地 一般質問 メールを送る
大西豊

大西豊


一般質問


5回政策充実特別委員会 報告

 

去る6月25日9時30分より全員協議会室に於いて、委員14名、議長同席のもと、執行部より町長、副町長、総務課長、企画政策課長、課長補佐、出席により第5回政策充実特別委員会を開催しました。

協議事項

  1. 地方創生・まち・ひと・しごと・総合戦略について
  2. その他

地方創生総合戦略について企画課より説明を求めました。
まず地方創生関係資料により説明
その後Webサイトによる説明

国による役割
国の長期ビジョン:2060年に1億人程度の人口を確保する中長期展望を提示
国の総合戦略:2015〜2019年度(5ヶ年)の政策目標・施策を策定

地方の役割
地方人口ビジョン:各地域の人口の動向や将来人口の推計の分析や中長期の将来展望を提示
地方総合戦略:各地域の人口の動向や産業実態等を踏まえ、2015〜2019年度(5ヶ年)の施策目標・施策を策定

まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」と「総合戦略」の全体像

  1. 人口減少問題の克服(人口減少の歯止め・東京一極集中の是正)
  2. 成長戦略の確保(2050年代に実質GDP成長率1.5〜2%維持)

 

まんのう町・まち・ひと・しごと創生総合戦略

  1. 策定の趣旨

・国および県が策定する総合戦略を踏まえまち・ひと・しごと創生法に基づき「まんのう町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定する。本町が安定した人口構造を保持し若い世代を中心に将来に渡って町民が安心して働き・結婚・出産・子育ての希望を叶えることが出来る地域社会の構造を目指す。

  1. 策定内容および目標年次

・人口ビジョンは町の人口現状や将来推計とともに、人口変化の影響等の分析を行い、総合戦略による施策の方向性を踏まえ人口将来展望を定める。国の長期ビジョンを踏まえ2060(平成72年)年度を目標とする。
・まんのう町まち・ひと・しごと創生総合戦略
総合戦略は本町におけるまち・ひと・しごと創生に関する基本目標および達成に向けて取り組むべき施策の基本的方向具体的施策重要業績評価指標(KPI)を定める。
・総合戦略の計画期間は2015(平成27年)年度〜2019(平成31年)年度までの5ヶ年とする。
・また、毎年度PDCAサイクルによる検証を行い、必要に応じて見直しを行うものとする。

  1. 推進体制

・まんのう町まち・ひと・しごと創生総合戦略推進本部(計画の策定)
・まんのう町まち・ひと・しごと創生有識者会議(意見提言施策の成果の検証)
・まんのう町まち・ひと・しごと創生総合戦略策定推進委員会(計画素案の策定)
・住民参加
・町民の意見および提言等を総合戦略に反映するため策定推進委員会への参加の他、住民アンケート調査やアイデアの募集の実施

  1. 策定スケジュール

 

・以上の報告を受け、委員より職員および議員全員が共通の認識を持ち、勉強する事が大切、またビッグデータを公開してくれるのはありがたいが、本町にとって重要な20〜25項目に考えていかなければならない。企画政策課長より10月末までに計画を立て国に報告をしていきたい。また委員より国政のひずみで現状に至っている。我々の意見が反映される可能性が大きく出てきたので、3つぐらいの部会に絞って進めて行かなければならない。また委員より若者定住促進事業で新築等150万円の補助制度はどこかの市町村を参考にしたのかの質問に三豊市の成功事例を参考にした等、質疑や提案があった。
この、まんのう町・まち・ひと・しごと創生総合戦略の案件は<議会基本条例9条(議会の議決事件)(1)まんのう町総合計画に関する中長期計画の策定及び変更>に謳われており、今後、月に1回程度委員会を開催し、住み良い街づくりを進めるため提言していくことで委員会を閉会した。




大西豊
戻る