大西豊
 大西豊
自己紹介 まんのう町の所在地 一般質問 メールを送る
大西豊

大西豊


一般質問


7回政策充実特別委員会 報告
委員長 大西豊
去る10月13日10時30分より全員協議会室に於いて、委員14名、議長同席のもと、執行部より町長、副町長、斉藤教育長、総務課長、企画政策課長、課長補佐、出席により第7回政策充実特別委員会を開催しました。

協議事項

  1. まんのう町人口ビジョン案及びまんのう町地方創生・まち・ひと・しごと・総合戦略案について
  2. その他

企画政策課長より
地方創生総合戦略案についてのパブリックコメントはなかった。
素案については、議会の意見を取り入れ修正を行った。この修正案を議決いただき、次回の有識者会議にかけ10月末までに、国に正案を提出することになる。この案件は、議会の承認が必要であり、時間的に余裕がないので、12月議会で議決を頂きたいとの説明がありました。
委員より
(地方創生総合戦略案に)来年度の過疎計画、ゴルフ場、温泉、森林の用途開発、職人の育成についても加えてほしい。
高松へ通勤できる地理的立地については、有識者会議で検討してほしい。全農地にパイプ配管を整備し、植物工場の実験に着手、香川県型の認定農業者制度を作ってほしい。それぞれの地域において住民自ら取り組む事が重要になってくる。各常任委員会で取り組みが必要などの意見がありました。
担当課長より
ゴルフ場については一部記載がある。入込者数については資料の中にいれてある。
経済センサスに入れるのは次回のときに別途添付する。過疎についても間に合わない。職人の育成については、再度検討したい。森林・水関係についても検討したい。パイプライン等についても、どこまで書けるのか、この計画では、主は、ソフト面なので,ハード面については、総合計画・過疎計画でという事になる。人口計画については、この計画で行いたい。
委員長
この案件は、議会の承認が必要であり、時間的に余裕がないので、有識者会議終了後、議会の承認になります。異議はありませんか。

委員
異議なし

以上で委員会を閉会しました。




大西豊
戻る